文字の大きさ

先輩社員の声


現在、私の担当業務は統括隊長として担当エリアのガバナンスに加え、内勤業務を兼任しており、忙しくも充実した日々を送っております。お客様と折衝しながら契約先の防犯レベル向上、環境改善を行うことは難しくも楽しいものであり、施設警備という結果の見えにくい職種にあって、非常に遣り甲斐を感じております。そんな私が入社した切っ掛けは大学の先輩からのお誘いでした。当時の私は明確な目的も無く入社したのですが、多くの人との出会いや経験から、気付きや学びを得ることが出来、現在はこの仕事で生きて行くことに魅力と喜びを感じながら日々業務に当たっております。今後もお客様に“ありがとう”と言って頂ける警備の提供に尽力して行きたいと思います。






私は入社してから6年間大型商業施設で勤務、その後は事務を担当しています。商業施設では、日々事件や事故、トラブル等色々なことが発生します。その都度最善の方法で、迅速に対応していくのですが、重要なのはチームワークです。警備員はもちろん、その施設に関わる多くの方と協力して対応します。みんなで協力することにより、問題の早期解決につながるのです。そうして、日々色々な経験をし、警備のプロとしても人間としても成長することができます。とても大変で責任のある仕事ですが、お客様から感謝のお言葉を頂くことも多く、とてもやりがいのある仕事です。今後もどんなことにでも対応できる警備員であれるよう努力を続けたいと思います。






私は平成21年、友人に誘われたのがキッカケでこの会社へと入社し、8年目になります。警備業に特に興味も無く、何をやるかも良く分からない状態で入社し、最初は「3年続けたら辞めよう」と思いやる気も無くダラダラと毎日を過ごしていました。私が配属された警備隊は商業ビルで、毎日不特定多数のお客様や、納品業者、従業員、商談業者等いろいろな方が出入し、レベルの高い警備が要求されます。最初はミスを連発し怒られてばかりで嫌な思いもしましたが、2年、 3年と仕事を続けて行く内に仕事にも慣れ、後輩も出来、お客様からお褒めの言葉も頂く様になり、だんだんとやりがいを感じるようになっていき、最初の頃の気持ちは無くなっていました。当施設のご担当様は常に前向きで、私共の意見もよくお聞き下さり職場としてもとても良い環境にある為、自分自身の成長を感じ取れます。今後、自分なりに創意工夫を試みながら、仕事にチャレンジする気持ちを持ち続けたいと思っております。